競技規則は本年度日本サッカー協会規則による。
競技方法は、4ブロックに分け予選リーグ戦を行い、各ブロック上位2チームで決勝トーナメントを行う。
試合時間は60分(30分ハーフ)とする。
リーグ戦における勝点は、<勝ち・・3><分け・・1><負け・・0>とする。
棄権したチームの得点差は<5対0>とする。
勝点が同じ時は得失点差、得点数、得点の失点に対する割合の順で決める。
試合出場選手6名以下の場合は棄権とする(但し、割当審判に当たる場合は審判員を出す事)。
予選リーグ戦で棄権したチームは決勝トーナメントには進めない。
準決勝戦で棄権したチームは3位決定戦には進めない。
大会登録は何名でもよいが、試合登録は17名までとする
(未登録又は二重登録などの不正選手が出場していた場合は当該チームを失格とする)
各チームは試合開始30分前までに集合し、大会本部に届け出て必要な書類を受け取り、指示を受けること。15分前までにメンバーチェックを本部で受ける。この時集合してないチームは棄権とする。
退場を命ぜられた選手は次の1試合に出場できない。(このほか悪質な行為に対しては協会にて処分を決定する)
競技中のけが、事故については協会は一切責任を負わない。
表彰は1・2・3位までのチームに賞品、賞状を授与する。
各チームが審判をする場合は4級以上の登録審判員が行うものとする。
第一試合のチームは会場づくりを手伝うこと、最終試合のチームはグランド整備をすること。
大会会場の指定された場所以外の施設には立ち入り厳禁。
ゴミの後始末は各チームが責任を持って処理し、持ち帰ること。
雨天の場合も現地集合。(区役所や学校への問合せは一切しないこと)
試合球は各チーム持参する。
本部席には用のある者及び役員以外は出入りしないこと。
会場の施設破損については、試合中は両チーム折半、その他は当該チームの負担とする。
会場(学校)内は、指定場所以外は禁煙とする。
大会会場への車輛の乗り入れを禁ずる。
眼鏡、金属(ピアス、ネックレス、ブレスレット、指輪等)及びバンダナ、ヘアバンドを身に付けた選手は試合に出場できない。
事故防止の為、幼児の大会会場への立ち入りを禁止する。尚、ギャラリーのけが、事故については協会は一切責任を負わない。
上記規約及び注意事項に著しく違反したチームもしくは選手に対しては、協会にて除名等の処分を決定する。その際、当該チームに未消化試合があっても、受領した参加費・登録費は返却しない。